第2回 メッセージ…をはなしあう会より
1996年 6月 23日(日)


「 テーマ 」
『 明日を考える。』


【確認連絡事項】

この会は今回 参加されましたメンバーにより 確認されましたとおり

地域・地区の委員会(準備段階を含めて)的なものではありません。

参加された方々はグループを代表した意見を述べたり

討議したり決定したりす ることを考えてはおりませんが、
議論は十分しますし、こうしたほうがよいという意見もこの場においてだします。
各メンバーが自身のAAでの経験を話し合い

経験の分かち合いの場とすることを主としま す。

 

[ ですから参加者名やグループ名は必要ないのかもしれません。]

 

AAとそしてAAのメッセージのことを

ひとりのメンバーとして"はなしあう"ことです

"考える会"ではありません。

 

自分の言葉で話し出したときわたしには新しい道が拓けました。
メンバーのより良い経験が分かち合われるとき、また新たな道が私達に拓けると思います。
 

AAの12の伝統はAAグループそしてメンバーにとって普遍のも のですが、

普遍の活動マニュアルなのでしょうか。

12の伝統のなかでいきることと、

12の伝統と ともにいきることは おなじこと なのでしょうか。

 

今回も参加されたメンバーの経験が話し合われました。