与えられている恵み

肩に力が入っているのに気づいたら、
力が抜けて鳥の囀りが聞こえてきた。

歩いている時、右足と左足を意識して感じていたら、
こんな素晴らしい恵みをもらっていることに思わず感謝した。

息をする時だって、体のいろいろな部分が協力しているのがよくわかる。
とても複雑で緻密な動きを、全く意識せずに私達はやらせてもらっているのだ。

「感じる」ことは、完璧なスーパーパソコン(人間)に
キーボードで入力していることなんだね。
完璧なスーパーパソコンは、完璧に処理してくれていたんだ。

きっと、「行動」とか「感情」はパソコンの画面に出てくるものかな。
入力通りに正確にパソコンは作動する。
器械のパソコンでさえ、故障しない限り正確に作動する。
まして、故障することのない、スーパーパソコンの私達のコンピューターが、
間違えるはずはないのだ。
でも、私達は、しばしば間違いを犯す。
それって、私達の中のスーパーパソコンの故障なのかなあ・・・

私は、入力を間違えているような気がしてなりません。