継続する

子供の頃から、この力がないことには薄々気づいていたような気がするが、
「コツコツと地道にやることができない。」ということは認められなかった。
むしろ、そうした人たちを小馬鹿にさえしていた。

AAに来て、続けてゆくことを本気で考え始めた。
一発花火を好んでいた私が、こう考え始めたことはAAのおかげだろう。
しかし、どう考えてみても、「継続する根気がない」と思えたのだ。
何かを継続するためには、すごい忍耐力と根性が必要だと信じていた。

1年、2年、AAで飲まない生活は続いていった。
すごい忍耐力と根性が必要だったのか……
普通に生活するのに必要な程度の忍耐力や根性は必要だったかもしれないが、
私が想像していたような大変なものは必要ではなかった。
今、継続に何か必要かと聞かれたら、私は以前とは違う答えをするだろう。
一番必要なのは、「喜び」だと。

そして、もう一つの大切な要素は、工夫し続けることだと思う。
「同じことをし続けるためには、自分を変え続ける必要がある」と
誰かが話しているのを聞いて感動した。
そう、これこそが継続の原動力なのだろう。