コントロール喪失

お酒の飲み方のコントロール喪失は、間違いない。
今でこそ簡単にこう言えるが、
私の力で節酒や断酒ができるに違いないと苦しんだ時間が長かったこと。
飲まなくなってから、あらゆることに対するコントロール喪失を見つけた。

甘いものが止まらない、コーラが止まらない、
一つのことを考え出したら他の意見を全く聞かない、
ジェットコースターのように気分は上下する、
お金の使い方や、生活の仕方も全てに行き渡っていた。

私は、またしてもお酒と同じ方法でコントロールしてみようと試みた。
短時間は、うまくいったように思ったけれど、
しばらくして、大きく波打った。・・・お酒と同じ。
そう、確かに私の思い通りにコントロールすることは、
全てに対して、幸運な時以外は不可能だった。
でも、長い目でこれまでの人生を振り返ると、
そこには不思議な人間を超えた力にコントロールされてきたように感じる。
自分を知らないうちに偽って、無理して生きていた。
無理のし過ぎを癒してくれるのは、アルコールだった。
当然のように私はアルコールにのめり込んでいった。
飲みすぎてどうにもならなくなった私は、飲まないでいられる方法を探した。

そして、AAに出会い、飲まない生活をスタートした。
とんでもない人生で、私の望んだものではなかった時にも、
何かの大きな力によくなる方向へ導かれていたとしか思えない。
コントロール喪失から脱出する方法が、少しずつ理解できるようになってきた。
自分でコントロールしようとすることを手放すことだ。
これまでの私のやり方とは、180度反対の方法だ。

自分でコントロールすることを止めた時、
宇宙をコントロールする素晴らしい力が働き、コントロール喪失は消失する。 
今の私は、これをマスターできている訳ではない。
何かの偶然の時、このことを実感する程度だ。
けれど、きっとそうだと信じられる。