ステップは後からついて来る
ステップを実践してみようと、ステップの本を読んでみたが何をどうすれば
実践できるのかがさっぱりわからなかった。
AAミーティングに通いながら、飲まない日を稼いでいたある日、
ステップの本に書かれていることを実践していたことに気づいた。
ステップ
ステップは使うものじゃないよ。
「ステップを実践することだ」とミーティングでよく聞く。
ステップは確かに言葉で書いてあった。
でも、実践するってどうやってやるの?
言葉通り辿っても、何をやるのかさっぱりわからなかった。

仲間が「ステップに書いてあることなんて、当たり前のことばかりだ」
と言っているのを聞いて、私はカルチャーショック!
どうやってやればいいかわからなくて難しいって思ってたから・・・
そう言われれば、落ち着いた時に読んでみると、
自然にそうありたいと思えることばかりだった。
だけど、実際私はその通りにやれている訳ではない。

そうなんだ。ステップに書かれてあることは、最初から自分の中にある。
その通りにやれないのは、自分で作っている何かが邪魔してるだけだ。
自分の中に作り上げた瓦礫の山を取り除く作業が、
ステップ通りにやれるようにしていくことになると気づいた。

それ以来、私はステップの言葉通りにやろうとはしなくなった。
ステップは、私にとって物差しのようなものだ。
ステップに書かれてある状態と比べて、自分の状態を見てみる。
そうすることで、自分の問題がはっきりしてくるのだ。

瓦礫の山に妨害されない時、意識するのではなく、
自然とステップを私は実践している。

そうそう、ステップを実践するという意味を私が勘違いしていたんだよね。