希望(1)
AAに来て最初にいただいた希望は、「飲まないでやっていけるかも」だった。
でも、それ以外のことは混乱していて、それが希望とは感じなかった。
だけど、間違いなくそれが希望のスタートだった。
飲まない時間を過ごす間に、やりたいことがいっぱい増えてきた。
やれないことも、たくさんわかってきた。
今、やれなくても、やれる可能性は残ることを知った。

 お酒をうまく飲むこと以外だったら・・・

いつの間にか八方塞りの路地を抜け出し、明るい大通りにいる自分を発見した。

パンドラの箱の話を知ってますか。(ギリシャ神話)
女神はゼウスの言いつけを破って、開けてはならないパンドラの箱を開けた。
すると、ありとあらゆる悪の感情(嫉妬・恨み・絶望など)が、
世の中に広がってしまった。
でも、そのパンドラの箱の底には、希望が残っていたそうです。

 この話を知ってから、絶望してしまった時、
絶望の底には希望が残っていると、自分を励ましたっけ。
希望(2)
仲間がミーティングで、こう話していました。
彼のかあさんは、どうしようもない状態になった彼に
いつも、こう言ってくれたそうです。

「人間のなかでいちばん最後に死ぬのが …… 希望だよ。」、と

そう彼が話してくれた時
ミーティングに行って見ようと思った頃、
自分にそんなものがあったのだろうかと、思った。

でも、 あったんだね。
きっと、 自分自身でも気づけない自分自身のなかに。