アルコール依存症は回復できる病気


こう書いて何日かが経ってしまいました。
しかし正直、この「空白のページ」にくると私の手はとまってしまいます。
私たちに何が言えるのかと、…………………
 
言える事はひとつしかありません、「彼らは今、病気である。」
 
そして、
アルコール依存症は回復できる病気であるということだけです。
 
 
『希望』です。
 
 
私のまわりにはたくさんの回復者がいます、酒なしで生きています。
 
あなたの愛する人たちも必ず回復します
 
…… 彼らがそれを望んだ時 ……
 
それはたいへんなことでしょうか、奇跡に近いようなことでしょうか、
わたしはそうは思いません。
 
私のまわりにたくさんの奇跡があります、「待ってあげなさい。」
なんてことを言うつもりはありません。
 
一緒に生きてください、
 
「面倒を見てあげてください。」と言っているのでもありません。
 
アルコール依存症は…… 人として……回復できる病気です。
AAのミーティング場にはそんな奇跡が”いっぱい”あります。 
 
 
 
2002.5.01.....